病院について

病院理念

私たちは、最良の医療と介護サービスを通して社会に貢献し、地域の皆様と共に歩み続けます。

1 患者・利用者の皆様の権利と尊厳を守ります。
2 知識と技術の向上に努め、良質なサービスを提供いたします。
3 安全・安心な治療と療養が出来るよう努めます。
4 職員一人ひとりが成長できる魅力あふれる職場環境をつくります。

患者権利

1 患者さんは、良質な医療を公平に受ける権利があります。
2 他の医療機関や他の医師の意見(セカンドオピニオン)を自由に求める事ができます。
3 十分な情報提供と説明を受け、治療を選択決定する(インフォームドコンセント)権利があります。
4 診療記録(カルテ)の開示を求める権利があります。
5 患者さんのプライバシー、個人情報の機密を保持してもらう権利があります。

仁友会 職業倫理規定

1 患者さんの人格を尊重し、優しい心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、
  信頼を得るよう努めます。
2 すべての職員は、お互いに尊敬し、他の医療関係者と協力し、医療及び保健、福祉の向上に努め、
  患者さんの利益のために最善を尽くします。
3 職務上知り得た個人情報の保護に努めるとともに、退職した後においても同様とします。
4 生命の尊厳と職業の責任を自覚し自らを律し教養を深め、人格を高めるよう心掛けます。
5 生涯にわたり高い知識と技術の水準を維持するよう積極的に研鑽しその進歩、発展に寄与します。
6 職務遂行に当って、品位と信用を損う行為、信義にもとる行為をしません。
7 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に貢献するとともに、法規範を遵守します。

医の倫理綱領

医学および医療は、病める人の治療はもとより、人びとの健康もしくは増進を図るもので、
医師は責任の重大性を認識し、人類愛を基にすべての人に奉仕するものである。

1 医師は生涯学習の精神を保ち、つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに、
  その進歩・発展に尽くす。
2 医師はこの職業の尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるように心掛ける。
3 医師は医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容について
  よく説明し、信頼を得るように努める。
4 医師は互いに尊敬し、医療関係者と協力して医療に尽くす。
5 医師は医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守および法秩序
  の形成に努める。
6 医師は医業にあたって営利を目的としない。
  (平成12年2月 日本医師会制定に準拠する。)

一般事業主行動計画

この計画は、国の定める「次世代育成支援対策推進法」に基づき、従業員が仕事と子育てを両立できる環境と、働きやすい環境をつくることにより、全ての従業員がその能力を充分に発揮できるようにすることを目的として策定したものです。

1.計画期間
平成29年4月1日~平成34年3月31日までの5年間
2.内容
目標1.出産や子育てによる退職者についての再雇用の促進
対策平成29年4月~ 退職者への連絡・案内体制の整備
目標2.年次有給休暇の取得の促進
対策平成29年4月~ 各部署での計画的取得の推進を図るとともに、リフレッシュ休暇取得状況を毎月発信する。