病院について

トップページ >> 病院について >> 当院の取り組み

当院の取り組み

CNNによる活動

CNN(Certified Nephrology Nurse)とは、慢性腎臓病の保存療法期に治療の援助を中心に活動する腎不全専門看護チームのことです。慢性腎臓病に関する専門的な知識を持った看護師で、患者さんの生活の質の向上をめざして、総合的援助サービスを展開して行くことを使命としています。その他にも、市民講演会や腎臓病教室、調理実習などの活動を行っております。
イベント・講演会情報 ※詳しくはイベント・講演会のカテゴリをご覧下さい

地域連携パスの活用

地域連携パス(※)を用いて旭川市内の医療機関と連携を図っております。当院では、透析治療の合併症として発症した脳卒中と大腿骨頚部骨折に対し、リハビリテーションを目的とした受け入れを行っております。
※パス(クリニカルパス)・・・診療の内容とスケジュールの一覧表

当院の実績

 

日本腹膜透析医学会第6回PDセミナーの開催

■ 会 期:2011年8月27日(土)~28日(日)
■ 会 場:旭川クランドホテル
■ 事務局:北彩都病院

当院の検査件数

 

CT検査

CTとはコンピュータ断層法(Computed tomography)の略で、文字通りコンピュータを使って身体の輪切り(断層)を見る装置です。一般のレントゲン検査と同じエックス線を身体に照射して行います。
■ 頭部 … 脳卒中(脳梗塞・脳出血)の診断 など
■ 胸部 … 胸水、肺炎、腫瘍(良性腫瘍やがんなど)や転移の診断 など
■ 腹部 … 肝硬変、胆石、膵石、腎結石、尿管結石、腫瘍や転移の診断など

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 492 467 477 497 471 459 500 460 482 407 420 433 5565
平成24年度 412 449 481 456 463 396 471 431 455 408 431 440 5293
平成23年度 388 315 441 384 460 384 422 429 419 374 431 411 4858

超音波検査

超音波検査とは、人の体(臓器)に超音波を当てて、跳ね返って(反射して)きた超音波の強弱と、跳ね返ってきた時間の差を画像に変換して診断を下す検査です。
■ 心臓の病気、腹部の腫瘍、腎・膀胱・前立腺の病気など
■ 動脈硬化の診断など

〈 平成25年度 〉

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
腹 部 0 3 7 5 4 2 12 9 5 0 4 1 52
心 臓 20 17 27 23 10 16 14 15 26 18 19 18 223
腎 臓 294 246 241 247 253 271 300 246 272 251 265 288 3174
頸動脈 1 1 1 2 1 2 0 0 0 0 4 0 12
四肢血管 13 22 11 24 22 20 39 19 24 22 18 9 243
甲状腺/副甲状腺 5 1 1 0 1 2 1 2 1 0 5 2 21
合 計 333 290 288 301 291 313 366 291 328 291 315 318 3725

〈 平成24年度 〉

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
腹 部 6 2 2 6 4 8 12 10 3 2 2 3 60
心 臓 19 18 24 22 23 18 15 12 20 11 21 21 224
腎 臓 197 245 275 266 235 194 262 256 216 238 259 218 2861
頸動脈 2 1 2 1 1 3 3 1 1 3 5 1 24
四肢血管 19 25 27 18 26 17 18 20 15 21 20 12 238
甲状腺/副甲状腺 3 4 4 3 0 0 2 1 1 3 3 2 26
合 計 246 295 334 316 289 240 312 300 256 278 310 257 3433

〈 平成23年度 〉

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
腹 部 1 6 4 8 6 7 15 3 6 8 7 8 79
心 臓 19 15 23 18 14 19 24 11 12 11 19 28 213
腎 臓 186 213 247 202 211 229 216 247 215 230 217 233 2646
頸動脈 4 1 2 1 2 2 7 1 2 6 1 1 30
四肢血管 17 26 18 28 19 21 20 29 24 19 22 20 263
甲状腺/副甲状腺 3 1 2 1 3 0 2 1 2 1 4 1 21
合 計 230 262 296 258 255 278 284 292 261 275 270 291 3252

 

骨密度測定

骨密度測定とは、微量のX線を腰椎又は大腿骨に照射して骨の量や成分(骨密度)を測る検査です。
骨粗しょう症、腎性骨異栄養症について精度の高い診断が可能です。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 78 55 67 83 94 55 78 65 93 65 67 76 876
平成24年度 91 58 93 83 99 54 88 63 107 49 78 75 938
平成23年度 75 46 71 86 88 68 60 89 76 67 84 69 879

 

PWV/ABI

PWVとは脈波伝播速度(Pulse Wave Velocity)の略で、動脈の硬さの程度を評価することができます。
動脈硬化の診断が可能です。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 54 60 70 65 61 63 71 51 62 69 54 60 740
平成24年度 50 59 69 89 65 73 61 57 54 72 74 54 777
平成23年度 60 33 87 80 66 62 62 45 71 83 82 76 807

 

残尿測定

残尿測定とは、膀胱内の尿量を調べる検査です。前立腺肥大症の診断が可能です。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 249 238 210 204 207 232 239 226 270 210 230 258 2773
平成24年度 190 230 245 225 214 145 235 216 203 197 226 207 2533
平成23年度 159 170 213 199 231 201 229 240 250 231 208 213 2544

 

尿流測定

尿流測定とは、コンピュータ装置とつながった小便器に実際に排尿して、尿の勢いや排尿にかかる時間を測定する検査です。排尿障害の診断が可能です。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 115 100 86 92 74 98 86 106 99 92 91 113 1152
平成24年度 72 102 104 96 73 48 100 93 78 78 85 96 1025
平成23年度 55 61 65 56 66 52 49 61 74 85 64 65 753

 

当院の手術件数

ESWL

ESWLとは、体外衝撃波結石破砕術のことです。簡単に説明しますと、衝撃波を体内の結石に当て破砕するものです。
結石に対して衝撃波を繰り返して当てることで結石は砕けて砂状になり、尿と一緒に排泄されます。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 25 33 34 23 20 31 28 41 27 45 31 36 374
(うち新患者) 13 20 15 14 11 14 14 20 15 17 8 7 168
平成24年度 4 27 41 50 33 36 40 68 36 51 22 19 427
(うち新患者) 4 14 14 14 17 18 20 25 15 13 8 9 171
平成23年度 30 25 40 21 26 33 15 24 29 35 28 19 325
(うち新患者) 9 15 13 7 8 17 10 10 11 15 12 7 134

 

シャント手術

血液透析をする時には、毎回体から大量の血液を脱血し、浄化した後に体内に返血することになります。
しかし、透析が出来るほどの十分な血液を得られ、しかも長期間耐えられるような血管は体内には存在しません。
そこで、シャント手術が必要になります。シャントとは血液透析を長期間安定して行うために、動脈と静脈をつなぎ合わせ大量の血液を確保できるバイパスを作ることです。

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成25年度 9 8 8 13 9 17 9 11 17 9 8 7 125
平成24年度 12 9 18 6 14 8 11 13 12 6 5 11 125
平成23年度 13 12 12 4 13 16 13 12 14 10 12 14 145

 

血液浄化関係

当院では、臨時透析の患者さんを受け入れております。道内は基より日本各地から旅行や仕事など多種多様な目的で患者さんが透析を受けられています。

  HD導入件数 PD導入件数
平成25年度 65 18
平成24年度 59 23
平成23年度 78 17