外来受診

内科

概要

当院の内科では、現在5名の常勤医師が在籍し、特色として、腎臓病の患者さんの診療を中心に行っており、血尿、蛋白尿を認める患者さんに早期診断を行い、腎不全に移行するのを予防し、いかに透析療法の導入を遅らせるかに力を注いでおります。また、透析療法を必要とする場合においても、北海道で最も古い透析病院の一つとして様々な患者さんに応じた適切な治療法を選択していただくことが可能となっております。
一般内科においても旭川駅に隣接する病院として患者さんのニーズに対応できるよう体制を整えております。
現在の立地条件を生かし、周辺地域への貢献のみならず他施設からの内科患者さんの受け入れや内科1、2次診療の充実をはかり、腎臓病のみならず一般内科、健診業務にも力を入れて、幅広い内科診療を展開していくことを目標としております。

主な疾患

一般内科

感冒や生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病など)などに対しては、食事療法や運動療法といった生活改善指導や病態に応じて投薬の治療を行います。

腎臓内科

腎臓内科は腎臓に関わる病気を診断/治療する診療科です。腎臓内科の検診はおもに慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全などが中心となっています。腎臓疾患では糖尿病、膠原病といった全身疾患に伴う腎疾患患者の増加がみられます。

慢性腎不全

腎臓の機能が、ある症状・所見が認められる程度まで低下した状態を指します。腎臓では尿をつくって廃物、水分、電解質などを排泄することで、体の中の恒常性が保たれているので、この機能がうまく働かなくなると、さまざまな症状が現われてきます。また、腎臓でのホルモン分泌、ビタミンDの活性化も阻害されます。
慢性腎不全は何年もかかって腎臓の機能が低下して行くので、腎臓が障害される程度によって症状の出方、治療法も異なります。

糸球体腎炎

糸球体とは腎臓の中にある毛細血管の固まりで、ここで血液がろ過されて尿が作られます。この糸球体の炎症によってタンパク尿や血尿が出る病気を総称して糸球体腎炎と呼びます。

 

医師プロフィール

平山 智也 │医学博士

Hirayama Tomoya

■ 診療科 … 内科・腎臓内科 ■ 役職 … 副院長
〈専門医・認定医〉
日本内科学会 認定内科医・認定内科専門医・指導医
日本腎臓学会 認定医・指導医 日本透析医学会 透析専門医・指導医
旭川医科大学臨床指導教授 旭川医科大学医学部非常勤講師

和田 篤志 │医学博士

Wada Atsushi

■ 診療科 … 内科・腎臓内科 ■ 役職 … 副院長
〈専門医・認定医〉
日本内科学会 認定医 日本透析医学会 専門医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医 

橋本 裕之 │医学博士

Hashimoto Hiroyuki

■ 診療科 … 内科 ■ 役職 … 内科医長
〈専門医・認定医〉
日本外科学会 認定医・専門医 インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本透析医学会 透析専門医 日本腎臓学会 専門医

植竹 護

Uetake Mamoru

■ 診療科 … 内科 ■ 役職 … 内科医長

小林 武

Kobayashi Takeshi

■ 診療科 … 内科 ■ 役職 … 内科医長
〈専門医・認定医〉
日本内科学会 内科認定医 日本透析医学会 透析専門医

豊島 經康

Toyoshima Nobuyasu

■ 診療科 … 内科 ■ 役職 … 内科医長
〈専門医・認定医〉
日本内科学会 認定医 抗加齢医学会 専門医 人間ドック学会 認定医
日本医師会認定産業医